北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

何が好きか。なぜ好きか。

今日もブックオフで一日が終わった。今日で、3日連続。さすがに、もう行かなくても良いかな、と思った。

 

ブックオフ小林賢太郎戯曲集を手に取った。ぱらぱらと捲り、本で読むより、ライブで見てみたいな、と本棚に戻した。

 

小林賢太郎『僕がコントや演劇のために考えていること』を読んで、コントや演劇を観てみたくなった。

 

「自分は何が好きなのか」。これを知ることは、表現者にとって、大事なことです。小林賢太郎『僕がコントや演劇のために考えていること』p30

 

好きは感情だから、感じるもので、考えるものではないと思っていた。だけど、このページを読んで、なぜ好きかを考えるのは、オリジナルを生み出すヒントになると書かれていたので、やってみようと思った。