北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

眠るように寝ている

目が覚めて、メガネをかけないまま、ぼやけた視界で、寝室の階段を降りて、居間を通り、トイレに向かった。

 

テーブルの下に猫がいると思って、はっとした。猫だと思った影は、箱ティッシュだった。

 

7月12日15時頃に、猫は息をひきとった。

 

昨日は、猫用のクッションに寝かせて、枕元に置いて、一緒に眠った。猫の夢を見たかったけれど、見れなかった。

 

今は、いつもいた居間のソファの上に、猫用クッションを移動し、時々、猫を見ている。

 

猫は、眠るように寝ている。

 

最後のお別れまでの間、猫の周りにアイスノンを置き、体を冷やしている。

 

溶けかけたアイスノンを取り替え、猫の名前を呼びながら、猫を撫でる。涙が溢れてきて、メガネを外して、ティッシュで拭い、鼻をすする。

 

長生きしたし、仕方ないとわかっているけれど、もう会えないのが、辛い。

 

仕事を終えて、自宅に帰ってきたら、にゃあ、とないてくれることもなく、ご飯をちょうだいと、カリカリすることもなく、胸の上にも、乗ってくれない。

 

ただ、ただ、悲しい。ただ、ただ、辛い。

 

涙や鼻水が、ひいては、溢れる。