北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ラジオ

自宅で過ごす日々にも慣れた。いや、読みたい漫画なり、本なり、映画があるからだろうか。今日もTSUTAYAに行った。ベルセルクを30巻から40巻まで借りて、ドラッグストアで、多めにお菓子と飲み物を買った。ベルセルクを読んで一日が終わった。ベルセルクを読んで思ったのは、狂信的で、盲信、崇拝をしすぎると、見えなくなるものがあるのではないか、ということ。どこかに疑問という余白を持つことの大切さかな。40巻が発刊されたのが、2018年だから、最新刊は、かれこれ2年は出版されていないのか。そういえば、ドラッグストアにマスクが売っていた。買わなかった。

 

ベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)
 

 

この前、職場の同僚と自宅で何をして過ごしているかという話題になり、ラジオを聴いているという人がいた。最近の嬉しかったことは、ハガキを読まれたことらしい。radikoで聴いていると言っていた。ラジオ、いいかもしれないと思った。最近、コロナを経験したからこそ、始めたことというか、変えたことというか、プラスのものが欲しいな、と思っているが、出てこない。そうこうしていると、緊急事態宣言が解除されるらしい。それはそれでよかった。けど、北海道は今日も15人の感染者が出たらしい。