北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

SWITCHインタビュー達人達

NHKのSWITCHインタビュー達人達がおもしろい。

 

録画していた鈴木おさむ×中邑賢龍の回がおもしろくて、2日連続、同じものを観た。今も観ているから3回目。

 

大切にしたい言葉が散りばめられていた。

 

企画は日常にあるもの。目の前にヒントがある。

 

面白くないものをみると思いつく。自分に興味のないものを見たり、自分が選んでないものを見るのが、いかに大事か。見ながら、いろんなことを考えるから。

 

勉強と学びの違い。勉強はやりたくないことを努力してやること。学びは好きなことを自らやっていくこと。

 

ネガティブなことも付加価値になる。

 

その状況でしか書けないものがある。

 

内輪だけでやっているとマイノリティになってしまう。

 

言葉の知識ではなく、体でわかる。

 

企画ありきで人をあてこめるよりも、人に合わせて企画を考える。

 

偶然こそ学びのチャンス。

 

中邑賢竜さんのROCKETという企画もすごい。

rocket.tokyo