北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

手に入れたくて仕方ないものが、手に入らないことが重要

非常に重要で大事なものが、一番、欲しかったものが、手に入らなかったことが重要。なぜなら手に入った人より、手に入らなかった人のほうが魅力的だから。

 

横尾忠則さんが言った言葉。録画していたテレビを何度か巻き戻し、繰り返し、見た。

 

自分にとって、非常に重要で大事なもの、一番、欲しかったもの思い出した。

 

生きていると、いろいろある。

 

悲しいこと、苦しいことは、避けて通ることができない。

 

現実に打ちのめされることなんてしょっちゅうだ。

 

打ちのめされながら、手を出す。空振りだろうが、手を出す。

 

それでも、打ちのめされて、倒されて、もう立ち上がれなくなることもある。

 

だけど、都合が良いように、人生は、そこでは終わらない。

 

人生は長い。

 

立ち上がらざるをえない。

 

そんなことの繰り返し。

 

=====

 

 

完璧はしんどい。

 

これも、横尾忠則さんが言った言葉。

 

その通りだと思った。

 

寛容になれ、と最近、苛々している自分に言い聞かせる。

 

今度、横尾忠則さんの自伝的な本を読んでみようと思った。