北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

スカーレット

くたくたになり、まだやることは残っていたが、今日はもういいやとなって、仕事を終え、帰宅。

 

自宅に帰ってきて録画してある朝の連ドラ『スカーレット』を見る。1年を通してずっと見てきたわけではなく、放送を楽しみに見始めたのは、1週間ほど前。今は、武志が死ぬところは放送しないで欲しいと願いながら見ている。3月28日までなので、あと2日。

 

一眠りし、『キングダム』の最新刊を読む。57巻。で、そのあとは、阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』を読む。自宅の本棚にもピンチョンがあったな、重力の虹だったかな、と先日、本棚を探した。重力の虹ではなかった。ヴァインランドだった。『読書の日記』を読み終わったら、ピンチョンを読もうかな、と思った。もしくは、綿野恵太『「差別はいけない」とみんないうけれど。』か。『読書の日記』に登場したアメリア・グレイ『AM/PM』も読みたい。

 

明日は、久しぶりに休みで、10時からディーラーに行き、昼くらいからドコモショップだな、携帯の操作も危うくなってきているからな、と予約をしようと思った店が、すでに予約いっぱいで、別な店を予約した。それが12時30分。服も買いに行きたいし、『読書の日記』を喫茶店で読もうかなとも思っている。