北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

monogram.Inc.

明日は、休みだからゆっくりと、阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』を読もうと思っていたのに、布団の上で、YouTubeで動画を見ながら、気づいたら寝ていて、悲しい夢を見て起きた。外に出て、煙草を吸った。ひさしぶりに星を見たなあとか思いながら。

 

家に入り、阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』を開いた。12月2日、164ページから。

 

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

  • 作者:阿久津隆
  • 発売日: 2020/03/11
  • メディア: 単行本
 

 

読みながら、以前から海外文学を読みたいと思っていたけれど、何を読んだら良いかわからなくて、読みたくなる海外文学もなくて、そんな折、読書の日記と出会って、読みたい海外文学が見つかった。そういえば、ジョン・マグレガー『奇跡も語るものがいなければ』は、前回の『読書の日記』に書かれていたものだっただろうか。忘れたけれど、読んでいる途中だったな、と思い出した。

 

阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』の続きを読んだ。読み始めたのが深夜の2時くらいで、今は、2時46分。読んでいたら、なぜか、幼馴染の友人を思い出した。

 

YouTubeのお気に入り登録を、これまで一度もしたことがなかったけど、初めてのお気に入り登録をしようとYouTubeを開いて、友人の会社のページというかを開いた。そして、お気に入り登録の部分を押した。

 

www.youtube.com

 

友人とその仲間が作る動画を、これまでも楽しみにしていたから、逐一、見ていたつもりでいたけれど、見たことない動画があって、いくつかを見た。

 

見ながら、気持ちが高揚するのは、動画がかっこいいというのもあるし、その友人が誇らしげに感じるというのもあるし、私もがんばろう、と思うからか。

 

お気に入り登録をして、と言われれば、その友人なら迷わずするのに、そう、頼んでこないのもかっこいいな、と思った。

 

いつか、私も自分の書いたものが本になって、その友人に、やっと、本になったわ、と報告するのを想像したりしている。

 

というか、その友人とかれこれ2年くらい会っていないから、会いたくなってきた。