北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ポケットからするりと落ちた。

猫が、ぎゃお、と居間からないた朝、私は、布団から出て、居間に向かい、猫にご飯をあげた。時計は見ていないが、外の明るさからいくと、6時くらいだろう。

 

ゴミ箱のゴミがいっぱいになっているのに気づき、今日は、木曜日だったか、木曜日は、もえるごみの日だったなと思って、ゴミを集め、ゴミステーションに持って行った。爽やかな朝だった。

 

阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』の続きを読む。11月も終わり12月に入ったところ。何年の日記なのだろう、と気になっていたけれど、2017年10月から始まった日記なのだと、12月1日の日記を読みながらわかった。私がfuzkueを訪れたのが、2019年3月下旬のことで、その日の日記が書かれてあったりするのを想像するだけで、ワクワクしてきたけれど、2019年の日記が今回に収録されていないような気がする。

 

携帯電話がするりと、ポケットから落ちた。画面から落ちた。ひびが入っている状態で使っていたけれど、今度は、画像に白い線が入った。どうして、こうも携帯電話はもろいのだろうか。もっと頑丈な画面にしてくれないだろうか。データの移行がめんどくさい。電話帳を保存するのはどういうふうにやるのかも忘れた。電話帳以外にも、もろもろ、そのまま新しい携帯電話に移行できるのだろうか。明日、明後日が休みだから、ドコモショップにいかなければならない。

 

連休は久々だ。ゆっくり阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』を読もう。

 

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

  • 作者:阿久津隆
  • 発売日: 2020/03/11
  • メディア: 単行本