北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

人生はジェットコースターのようだ

仕事を終え、自宅に着いた頃には、ラグビーW杯も、日本シリーズも終わっていた。

 

いつもそうだ。早く帰ろうと思っている時に限って、新たな仕事が入る。

 

日本は、南アフリカに負けちゃったけど、ラグビーの魅力は十分伝わったので、準決勝、決勝もできれば見たいと思っている。いつやるかわからないけど。土日なのか。

 

野球といえば、伊野尾書店がきっかけで村瀬秀信さんを知り、村瀬秀信『止めたバットでツーベース』がすごいおもしろくて、新刊の『ドラフト最下位』を買った。『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』も、『プロ野球最期の言葉』も買った。

 

 

今、読んでいる藤沢周平『海鳴り』は、下巻になり、おもしろさが加速している。

 

誰にでもそれなりに悩みがあり、何歳になっても内容が変わるだけで、悩みは尽きることがない。

 

わずかのひまも惜しんで懸命に働いたころは、若いうちに怠けずに働いておけば、やがて安楽な老年を迎えることが出来るだろうと、そのことを疑いもしなかったのだ。だが、人生はいま少し塩辛く出来ていたようである。藤沢周平『海鳴り』p138

 

『海鳴り』を読みながら、20代の頃に聞いた言葉を思い出した。その人はあの頃、30代だったのだろうか。

 

仕事で体を壊しても損するのは自分。

 

人生はジェットコースターのようだ。

 

悩みが変わるだけで、ずっとある。

 

20代の頃、出会った30代以上の人たちは、すごい落ち着いていて、悩みなんてないのかと思っていたけど、40代になってみると、やっぱりそれなりに悩みがあって、こりゃあ、死ぬまであるな、とやっと気づいた。

 

ただ、私にとってだけど、人生で一番辛かったのは、だいたい20代に訪れているけど。

 

ということで、お風呂にでも入って、『海鳴り』の続きを読もう。

 

明日も仕事だ。