北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

永沢光雄がおもしろい!

オリックスバッファローズは、もともとオリックスブルーウェーブ近鉄バッファローズが合併した球団であり、調べると、2004年に合併をしている。今から15年前のこと。

 

もともとのオリックスブルーウェーブファンと近鉄バッファローズファンは、オリックスバッファローズファンになっているのだろうか。やっぱり、近鉄近鉄オリックスオリックスで、オリックスバッファローズは別物なのだろうか。ファンを辞めた人もいただろうし、ファンを続けた人もいたんだろうな。

 

そんなことを考えながら、永沢光雄『二丁目のフィールド・オブ・ドリームス』を読んでいる。永沢光雄近鉄バッファローズファンである。

 

読めば、読むほど、永沢光雄は、おもしろいなあという感情が湧いてきて、増税前に、永沢光雄のほかの著書も買おうかと思っている。

 

野球のことを書いているのだけど、永沢光雄自身のことを絡めているので、こんな野球の本は、永沢光雄にしか書けない。

 

アルコール依存症のこと、うつ病のこと、ガンのこと、妻のこと、仕事のこと、そして、野球のこと。

 

永沢光雄は、AV女優や風俗嬢にもインタビューをしていて、SM女優が語る巨人の高橋由伸の話がおもしろかった。高橋が読んだら、怒るだろうなあと思いながらも、くすっと笑ってしまった。

 

人は皆、周りの人の支えがあって生きているけど、永沢光雄の書く言葉を読むと、永沢光雄は、周りの支えがなければ生きていけるのだろうかという印象を受ける。特に奥さんは、素敵な人に私には映った。永沢光雄、妻とネットで検索して調べたくらいである。

 

本著の最後に、身内の対談があって、ああ、永沢光雄の奥さんだあ、恵さんっていうんだあ、と思いながら、普段は、飛ばす対談も隅々まで読んで、永沢光雄さんの魅力に少しだけ触れた気がした。

 

対談を読んだあと、本書に収録されている良い年をした大人たちがキャッチボールしている物語を思い出して、素敵だなあ、と思った。

 

二丁目のフィールド・オブ・ドリームス

二丁目のフィールド・オブ・ドリームス