北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

悔しいだろうなあ。

降水確率0%という感じの青空。こりゃあ決勝はやるなと諦めた。

 

仕事前に、参議院議員選挙に行った。引っ越し前の住所で選挙をしてきたんだけど、やっぱり、ここの地域、好きだなあと思った。何で好きなんだろう。木とか草がたくさんあって、匂いが好きなのだろうか。

 

車から流れるラジオで、南北海道大会決勝の国際情報対北照は、延長戦に入ったと知った。延長再試合になれば、明日、見に行けるのではないか、と気づき、延長再試合を願った。結局、北照が勝った。

 

仕事を終え、自宅に帰ってきて、録画している南北海道大会決勝を見ながら、このブログを更新している。

 

国際情報は、公立校だと、初めて知った。北照は思いの外、小柄な選手が多くて、そんな小柄の選手ばかりで勝ち上がってきたのもすごいな、と思った。

 

初回に3点。私が高校2年の時の夏の大会でも初回に3点取られた。野球でいうところの3点は重い。しかも最後の大会での3点は重い。7回まで3-0で北照がリードし、結果を知っていたから、ここから追いつくってすごいなあ、と思って見ている。球場で見ていた人、おもしろかっただろうなあ。ああ、球場に行きたかったなあ。9回で国際情報が追いついて、逆転する勢いを止めたのもすごいなあ、と今、延長10回。ところどころ早送りし、14回表。14回って、疲労困憊だろうなあ。ずっと投げている投手すごいなあ。セカンドの選手、悔しいだろうなあ。そっかあ。悔しいだろうなあ。私はテレビを消した。

 

明日は、人間ドック。

 

今日、自宅に届いた清原和博『告白』を読んで夜を過ごそう。