北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

私の好きな今村夏子

腰が痛い。

 

と、呟くことが最近、多い。

 

腹筋は、どうも腰痛によくないらしく、ネットで、腰痛でも大丈夫な腹筋を調べて、腹筋をしている。上体を起こすのではなく、顔がへそを見るような感じの腹筋。

 

ツイッターで、今村夏子が芥川賞を受賞したと知った。芥川賞に注目しているわけではないけど、なんか、嬉しかった。今村夏子は好きな作家の一人だから。

 

今村夏子の本は、全て読んでいるし、ここで今村夏子の記事を書けば、アクセスアップにつながるのではないか、と、いやらしい気持ちもあり、本日は、私の好きな今村夏子について、書きたいと思う。

 

むらさきのスカートの女という作品で、芥川賞を受賞した。

 

むらさきのスカートの女を追う物語なんだけど、途中から、むらさきのスカートの女よりも、むらさきのスカートの女を追う語り手が気になりだして、この語り手は何者なのだろうか?という感じになる。

 

物語の語り手に違和感を感じる作品って、私は今村夏子のこの本が初めてで、今村夏子の本は、今村夏子でしか味わえない味がある。

 

今村夏子の本に限らず、本の感想を書くのは難しいなあと思いながら、いつも書いているんだけど、今村夏子の本の魅力を言葉にするのは、他の本よりも、さらに難しい。

 

これまで読んだ本の中でも、特に印象深く、一冊選べと言われれば、星の子を選ぶ。

 

新興宗教にはまってしまった両親のもとで育つ少女の物語。こちらあみ子で、ぐぐっと惹きつけられ、星の子で、どっぷり浸かった、そんな作品。

 

おもしろいですよ、今村夏子。