北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ケルナンド・スギノール

仕事を終え、自宅に帰ってくると、まもなく、小包が届いた。

 

shabby sic ポエトリーからの2枚のCD。1枚は自分で選び、もう1枚は、店主に相談して決めた。USBに落として、カーステレオで聴きながら、札幌に向かった。

 

永山記念公園が見えてすぐの地下駐車場に車を停めた。停めてから札幌ファクトリーの駐車場だと気づいた。札幌ファクトリーは、いつか来たような気がするけれど、いつ来たか、まったく覚えていなくて、こんなに広いんだなあ、と思いながら、昼ごはんを食べたあと、見に来ようと思いながら永山記念公園に向かって歩いた。

 

永山記念公園内にある旧永山武四郎邸に入った。松浦武四郎は知っているけれど、永山武四郎は何をした人なんだろう、と旧永山武四郎邸を見て回ったが、よくわからなかった。いや、わかろうとしていなかったのかもしれない。ささっと見て回って、邸内にあるナガヤマレストという名のレストランに入った。

 

カウンターに案内され、メニューを眺めながら、ナポリタンにするか、カルボナーラにするか迷った。そういえば、数週間前に食べたカルボナーラが普通すぎたなあ、とか思い出しながら、ナポリタンを注文することにした。ナポリタンを注文することは珍しい。すみませ〜ん、と大きな声を出すのも何かいやで、歩いて、店員のところまで行き、ナポリタンとコーヒーで。コーヒーはアイスにできます?と訊いて、席に戻り、読みかけの『戦争の法』を読んだ。

 

ナポリタンは、ちょうど良い湯で加減で、この硬さで出てくるのがなかなかないんだよなあ、とか思いがなら美味しくいただき、食べ終わった後は、戦争の法を読みながら、アイスコーヒーを飲んだ。

 

ブックオフで何冊かの本を買い、あっという間に夕方になって、自宅に帰ってきてからは、日ハム対西武戦をテレビで見た。テレビの上の方に今、登板している投手の名前と、通算50勝まであと1と、箇条書きの紹介が掲載されているんだけど、その紹介が、ん?という感じに時々、なった。

 

例えば、西武の外崎の紹介。実家は外崎りんご園。野球とまったく関係ない。どうでも良い内容。日ハムの杉谷の紹介は、ケルナンド・スギノール。あだ名?意味すらもわからない。と思いながら、久々に観た日ハムは、リードしていた。

 

そして、読みかけの戦争の法を再び読みながら、眠くなったら寝ようと思ってる。

 

戦争の法 (伽鹿舎QUINOAZ)

戦争の法 (伽鹿舎QUINOAZ)