北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ワビサビ結成20周年記念展

ゆっくりと動く雲を月明かりが照らす。穏やかな夜。テレビでは、アジアカップ、日本対ベトナムが流れている。前半37:10。0-0の同点。

 

好きなアーティストのひとり、ひとりというか、コンビだから、ひとりではなく、ふたりだけど、ワビサビが好きで、ワビサビの作品が展示するたびに観に行っている。

 

たまたまワビサビのHPを見ていたら、ワビサビ結成20周年記念展があるのを知って、先日、吹雪のなか、観に行ってきた。吹雪いていたので、やっぱり、後日にしようかなとか頭を過ぎったけれど、観れてよかった。20周年記念展だけあって作品も多いし、今まで観たことのない作品もあって観応えがあった。

 

f:id:rakuunanzyuku:20190124224020j:plain

 

展示を観終わって、帰りにいくつかの物販があったので、図録を買ってきた。図録を買うのは初めてだった。というか、図録って良い。たぶん、ここでしか買えないものだから。

 

その図録に、ワビサビが結成した経緯が書かれていて、へえ、と思った。

広告代理店のアートディレクターと、デザインプロダクションのグラフィックデザイナーが、日頃の仕事に満足できず、「人のための広告ではなく、自分たちの好きなものを自由に創ろう!」と結成したのが、デザインコンビ「ワビサビ」です。それは放課後のクラブ活動のような、インディーズ・バンドのような、あくまで自分たちのデザイン欲を満たすためだけのものでした。・・・

 

www.deza-in.jp


私の自宅の玄関には、ワビサビのDMが飾られている。