北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

表現手段は、読んでくれる人が求めているものに応えるだけでは不十分。

今、自分がしている仕事は、小説などの表現手段に通ずるところがあると思うことがある。

 

お客さんが求めているものに応えるだけでは不十分。こちらの提案との綱引きが魅力的なサービスを生む。提案がなければ、お客さんは驚きを感じない。提案があるから、自分がやる意味がある。

 

パウロ・コエーリョアルケミスト』を読み終わり、戌井昭人『松竹梅』を再読している。初めて読んだのが2014年だから、今から4~5年前。戌井昭人の新刊が出ていないか調べたけど、出ていないので、真夜中BOOKSには他にどんなものがあるのだろうと調べていたら、読みたい本がいくつかあった。

 

松竹梅 (真夜中BOOKS)

松竹梅 (真夜中BOOKS)

 

  

関連記事:どんな大人になっていくのだろう - 北の凡