北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

感情的になるのはよくない

職場で部下の一人と話をしていたら、先日、私が飲みに行った後輩の話になり、最近、変わった、と言っていた。たった一つの研修で、変わるのってすごいなあって、その話を聞いた。変わるのって勇気がいる。そして、持続するのは難しい。たぶん、その後輩は、持続するんだろうなって思った。納得するまでは時間がかかるが、納得すれば、今までも自分の血とし、肉としてきたから。

 

話は変わり、変わると言っても、仕事の話だけど、今日も人のことをとやかく言うのは良くないな、と思った。人のことをとやかく言うと、結局、自分に戻ってくるというか。喧嘩を売ってくるような人には、そのほとんどをことごとく買ってきた。なめんなって。ただ、感情的になるのは良くない。感情的な人が苦手なのに、自分が感情的になっている。今、問題になっているあおり運転を思い出した。

 

自宅に帰ってきて、届くのを待っていた『ONE PIECE91巻』が届いていて読んでいたら、猫が膝の上に乗ってきた。玄関のドアが少し空いていて、寒かったので、猫を抱っこして、ドアを閉めに行ったら、猫がフーと言って怒った。

 

ONE PIECEの『ワの国編』はおもしろいと言っている人が多いけど、確かにおもしろい。私は、ジャンプを買わず、単行本で読んでいるのだが、最新話を待ちきれず、時々、コンビニで立ち読みをしている。

 

ONE PIECEを読み終わり、一眠りしてから、小説の続きを書く。第2章の書き直しも終わった。

 

柴崎友香『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』の続きを読んで、2時には寝よう。

 

窓に雪が当たっている音がする。