北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

アイル

車にスタッドレスタイヤを積み込もうとしたその時、蛇の抜け殻が、タイヤに纏わりついていて、げっ、となった。私は蛇だけは苦手だ。ただ、珍しいから、車庫の横に置いておいた。

 

鍼治療。ちょっと痰が絡む旨を伝えると、眉間に鍼を刺された。刺してくれた。眉間のあたりにある痰が落ちてきます、と言われ、こんなところに痰があるのかとも思ったけれど、言ったとおり、痰が落ちてきて、すっきりして後にした。

 

ブックオフで本を数冊買って、タイヤ交換に向かう。向かう途中、金髪の長い髪の女性が作業着を来て走っていた。ゴミ収集の人らしかった。

 

昨年から来るこの車屋さんは愛想は悪いが、何せ安い。安いから行列になる。私は待つ間、車で、『読書の日記』の続きを読んだ。『読書の日記』は、分厚いので、持ち歩くことはせず、自宅で読んでいたのだが、まもなく読み終わるので、今日は、持っていくことにした。それで、続きを読んだ。『読書の日記』の好きなところはいろいろあるけれど、その一つは、野球の話が時々出るのと、音楽の話も出てくるのが良いな、と思っている。この『読書の日記』で紹介されていた柴崎友香の本をブックオフで購入した。車屋さんに、タイヤ1本違いますね、と言われ、そういえば、昨年の冬、パンクしたんだっけと思い出した。4駆だと、サスペンションにも負担がかかります、というようなことを言われ、とは言っても、昨年、買ったばかりだし、3本買い換えるのもめんどくさいと心の中で思いながらも、そうなんですね、と応えた。

 

自宅に帰ってきてからも、『読書の日記』を読んでいる。そういえば、今日は日米野球だな、と思ってついけテレビは、台湾で、つけた時は、0-0だったけど、あっという間に0-5と台湾に負けている。縦縞のユニフォームを見ると、負けないでほしいな、とは思うけど、0-5は厳しい点差。

 

カルボナーラを作り、あんまりおいしくないな、と食べ終わり、『読書の日記』の続きを読む。読んでいたら、ふと、haruka nakamura『アイル』を聴きたくなり、 Youtubeで聴きながら、そうだ。shabby sic ポエトリーにharuka nakamura『アイル』を注文しようと思って、店主のタケアキさんにメールをした。メールをし終わり、『読書の日記』を読んでいる。914貢になった。

 

人に向ける言葉はいつだって花束のように使いたい。阿久津隆『読書の日記』

 

youtu.be