北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ブーメラン

久しぶりに車を洗車した。洗車した次の日に雨が降った。今日、水滴がついている車を眺めがら撥水で洗車して良かったと思った。我ながら前向き。

 

仕事で、問題が発生し、久しぶりに重く、その対策を考えていると、頭が痒くなってきて、そういえば、社会人なりたての人に、仕事を野球で例えると、失策や失点は仕方がない。大量失点しなければ良い。大量失点に繋がるのは、ミスを隠したり、ごまかそうとする時、と自分が言った言葉を思い出した。

 

読みかけの『読書の日記』は600頁を超えた。日記をここまでおもしろいと思ったことはない。というか、日記を読んだことがないかもしれない。日記のようで、小説のよう。

 

『読書の日記』を閉じ、久しぶりに書きかけの小説の続きを書く。書いているところで23時『読書の日記』の続きを読みながら寝るとしよう。

 

おやすみなさい。