北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

第100回高校野球選手権大会準決勝の当日券を求めて

日本上空、8月19日午前10:00。

 

できるかぎりの速さで、メールアドレスとパスワードをパソコンのキーボードで打ち込む。何度となく表示される「エラーが発生しました」の文字。30分は繰り返しただろうか。第100回高校野球選手権大会準決勝・決勝の前売りチケットを販売しているサイトの画面には、「予定枚数終了」の文字。グッバイ。

 

甲子園は、いつからこんなに人気になったのだろうか。私が甲子園で野球観戦していた頃は、並んだ記憶すらない。

 

ツイッターで確認すると、いかに甲子園を観戦するのが難しいかがわかった。この売り方をどうにかしてくれと訴える者さえいた。インターネットオークションに販売されているのに腹が立った。

 

甲子園球場、8月19日午後14:16。

 

すでに当日券を求める人たちの列ができていた。私は、レジャーシートをガムテープで貼り、マジックで名前を書いて、甲子園歴史館に向かった。

 

おとな600円。館内には、野球好きがあふれていて、展示物にカメラを向ける姿は、野球少年&少女。ここは、絶対行った方が良い。展示物はもちろん、バックスクリーンから甲子園球場を観ることができるし、ドラフト体感コーナーがあって、かなり楽しめる。

 

f:id:rakuunanzyuku:20180820030626j:plain

 

8月20日午前3時14分。まもなく、始発で阪神甲子園球場へ。

 

試合開始は、午前10時。

 

テレビの中にいれますように。