北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

【高校野球】長崎大会・波佐見が強いと思ったポイント

本日は、長崎大会2回戦、上対馬ー波佐見の試合の話を。

 

結果は、8-1の7回コールドゲームで波佐見が勝つのだが、序盤は、手に汗握る投手戦だった。4回までは両チーム無失点。

 

波佐見が強いと思ったポイントは2点。

 

まずは先発の山口投手の安定感。

 

外角のストレートがすばらしかった。4回まで0-0で、波佐見ももしかしたら、もしかするのかと思ったが、山口投手の安定感は、点数を取られる気がしなかった。

 

2点目は、打撃陣の四球の選び方。

 

全体的な印象として、選球眼がいいなと思った。4回まで0-0で、攻撃も前のめりになりそうなものの、焦りを感じなかった。そう感じたのは四球を確実に選んでいたからかもしれない。

 

今後も波佐見を注目していきたい。

 

 

その他の注目した試合。

 

今春の九州大会を制した九州国際大付が、若松に4−5で逆転負けを喫し、2回戦で姿を消した。