北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

夏の甲子園の前哨戦。春季大会に注目!センバツで活躍した高校は !?

高校野球の大会は、秋、春、夏と計3回開催される。

 

センバツの出場がかかっているのが、秋の大会で、夏の甲子園は、夏の大会。その夏の大会のシード争いをするのが、春の大会。

 

これまで、春の大会に注目したことはなかったけれど、今年は、センバツもほぼ毎試合観たし、夏の大会は現地で観戦しようと思っているから、春の大会もネットでチェックしている。

 

春の大会が終わっているのが、九州地方。九州地方の覇者は、九州国際大付(福岡)。九州国際大付は、センバツには出場していない。

 

センバツで注目したチームを見てみる。

 

まずは、神奈川大会。

神奈川といえば、センバツベスト4の東海大相模がいる。センバツでは、東の横綱と称されていた。その東海大相模は、準決勝で、桐光学園に2-5で敗退。決勝は、横浜高校が、8-1で桐光学園を下している。さすが激戦区。

 

高知大会。

ご存知のとおり、神宮大会の覇者である明徳義塾がいる。明徳義塾は、高知大会を制し、四国大会に進出したところ。

 

三重大会。

センバツベスト4の三重高校は、2回戦敗退。

 

最後に、山口大会。

下関国際高校が、決勝で宇部工に9-5で敗退。

 

あと、注目している高校は、明秀日立(茨城)、乙訓(京都)かな。