北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

注文殺到!3000人待ちの本屋「一万円選書」の舞台裏

4月23日放送の、プロフェッショナル仕事の流儀を、まだか、まだか、と楽しみにしていた。

 

運命の一冊。あなたのもとへ。書店店主岩田徹。

www.nhk.or.jp

 

北海道砂川市の本屋さん。「いわた書店」。いわた書店は、予算1万円で、お客さん1人、1人に合った本を選ぶ「1万円選書」というサービスをしている。常に募集しているわけではなく、年に数回、募集をする。

 

私も2年前に当選して選んでもらった。3,000人待ちだということを後で知り、くじ運が悪い私が当選したのは、実は、ついていることだと知った。

 

関連記事:一万円選書に添えられていた手紙

rakuunanzyuku.hatenablog.com

 

一万円選書に当選したら、カルテという読書歴や、アンケートに答えていくんだけど、なんで、今の自分の気持ちがわかるんだろうという手紙が添えて、全然選ばないであろう本が送られてきた。一度、利用させていただいてから、いわた書店のファンになった。

 

私の気持ちなんて誰にもわかってもらえないよねなんて思っている人がほとんどなのに、私と同じようなことを考えている人がいるんだ、同じようなことで悩んでいる人っているんだ、っていうのは、本の世界で、本屋とか図書館でしか出会えないことかもしれない。

本の中に何がある。本の中には作家の人生があるからね。いろんな人の人生を学びながら、こっちの人生を組み立てていくわけじゃない。

 

岩田さんの話を聞きながら、本の価値観が少し変わった。岩田さんの選んでいる本への想い。「本は人生の味方」だと言う。

 

プロフェッショナルとは、自分が本当は何をしたかったか気づけた時

 

本が好きで良かった。本が友人のように感じてきた。プロフェッショナル仕事の流儀で、選んでいる舞台裏を見て、直接、いわた書店に行きたい衝動にかられている。