北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

日本という国

日本史は、縄文時代から学ぶのではなく、戦後から過去へ、学ぶべきだと思う。

 

日本という国という本を読んで、改めて、そう思った。

増補改訂 日本という国 (よりみちパン!セ)

増補改訂 日本という国 (よりみちパン!セ)

 

 

今、現在の日本の状態がどうやってできてきたかを理解するには、戦後を学ばなければならない。例えば、沖縄の米軍基地、従軍慰安婦靖国神社憲法9条。

 

私は、学校の日本史で戦後を学んだことがない。一番、必要なところなのに。

 

この本は、明治の日本と、戦後の日本の2部構成でできている。

 

明治の日本の章では、なぜ義務教育ができたか。なぜ戦争を始めたかが書かれていて、戦後の日本の章では、日本国憲法、アメリカとの関係などが書かれている。

 

憲法9条について考えを深める機会になった。