北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

血で血を洗う

仕事から自宅に帰って来て、車を車庫に入れようとした時、黒猫が目に入った。冬を越えたんだ、と安心した。野良猫だと思っているけど、実は、飼い猫かもしれないな、と思った。

 

着替えを済ませ、ノートパソコンを鞄から取り出して、Netflixで、THE100の続きを観た。昨日も、仕事が終わってから観たんだけど、テレビゲームのRPGのように、途中で、観るのを辞めるのは難しく、結局、シーズン2を全て観終わったところでやっと観るのを辞めた。深夜1時になっていた。

 

明日は休みなので、今日もとことん観る予定だ。目薬も薬局で買って来たし。

 

シーズン3は、ちょっと雲行きが怪しい。今のところ、シーズン2より、おもしろ味に欠ける。

 

THE100に何度となく出てくるセリフに、「血で血を洗う」というのがある。やられたらやり返すという意。

 

復讐まではいかないけど、私も、よく、腹が立つことを言われたりすると、かっとなって、感情をぶつけそうになってしまう。

 

ただ、それは、うまく、言葉で言い表せないからなんだろうな、とも思う。私も、もっとやわらなか人間になりたい。