北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

【センバツ高校野球】1回戦敗退が当たり前だった高校が甲子園に出場

今大会、注目していたチームが甲子園を去った。富島だ。春夏通じて初めての甲子園だった。

 

富島を注目していたのは、1回戦敗退が当たり前の高校が、甲子園に出場したからだ。しかも5年という短さで。

sportiva.shueisha.co.jp

 

私も甲子園球児だったので、1回戦敗退が当たり前の高校が甲子園に出場するのがどれほどすごいことかがわかる。

 

www.asahi.com

 

富島関連の記事を読んで行くと、富島は、ガッツポーズが禁止らしい。相手への畏敬の念のためガッツポーズをしないというのは、よく聞くけれど、感情の浮き沈みをできるだけでないようにするためというのもあるらしい。確かに。感情の浮き沈みは、パフォーマンスに影響する。私もここ最近、苛々することが多く、この記事を読みながら、淡々と仕事をしていかないとなあ、と改めて思った。人生は大体、野球から学ぶことができる。

 

news.livedoor.com

あと良いなあと思ったのは、球場のいたるところに「なんで?」と標語が貼られていること。なぜ、その練習をしているのかを考える。根拠を持って練習することが大事。

 

mainichi.jp

全部、自分では教えることができないから、できる人にコーチをお願いしているとも書かれていた。そうなんだよ。野球をやっているからと言って、投手の経験がなければ、教えられないんだよ。

 

夏も、富島に注目だ。