北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

障害者のリアル×東大生のリアル

 「福祉をやっている人は読むべきだよ」

 

そんな紹介のされ方したら、読まずにはいられない。

 

障害者のリアル×東大生のリアル

障害者のリアル×東大生のリアル

 

 

 

障害者のリアルに迫るというテーマでおこなっている東大のゼミを本にしたもの。

 

東大生が、その出会いから考えたことが一冊にまとめまられたものなんだけど、よくここまで自分と向き合い、自分を曝け出せるなと驚く。だからこそ、おもしろいんだろうけど、福祉に関わるものが、こうあらねばな、と思わされた。

 

福祉をやるもの読むべき一冊。