北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

暗部

今、気になっている作家の一人。今村夏子さん。2010年に「あたらしい娘」で太宰治賞を受賞し、現在まで3作品。今回読んだ「あひる」は2作目にあたる。

 

あひる

あひる

 

 

どの作品もおもしろいなあと思うんだけど、そのおもしろさを伝えるのが、どの作家さんよりも難しい。どう今村夏子さんについて書いているのだろうとインターネットで記事を探した。

 

dot.asahi.com

おもしろさを伝えることは難しいんだけど、一言で言うと、危うさ、隙間、暗部の物語。よく体験せず、ここまで丁寧に書くことができるものだ。

 

次回作も楽しみにしています。