凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

仕事のミス

野球で1点も失点しない完封勝利を収めることができるのは稀。私たちの仕事におけるミスを野球における失点と考えると、ミスが出てしまうのは仕方がない。大切なのは、大量失点をしないこと。ミスをしてしまった後に、どのように行動を起こすかが大事。

 

友達から聞いた言葉なんだけど、気に入っていて、結構、使っている。

 

その日も、部下が失敗をして、涙目になりながら、「申し訳ありませんでした」とうなだれていた。

 

私は大抵のミスを咎めない。ミスをした時点ですでにその人は反省をしているから。

 

「誰かが亡くなった以外の失敗は取り返せるから、もう気にしなくて良い」と、部下に声をかけて会議室を後にした。

 

会社を出て車に乗る時に、小学生の頃の思い出が、ふと頭をよぎった。

 

私の小学生時代の普段着は、ジャージだったんだけど、新しいジャージを母が買ってきてくれた初日に、自転車で転んで、ジャージを破いてしまった。

 

怒られるのが嫌で、家に帰りたくないなあ、と思いながら家に帰り、洗濯物を干している母に、「ジャージ、破いちゃった」と告げた。

 

すると、母は、「怪我はない?」と言った。

 

予想していた反応の逆だったからか、すごい印象深くて、今も時々、この時の出来事をふとした時に思い出す。