北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

2017年おすすめの本5選

毎年、クリスマスの時期になると、友達から手紙が届き、年末年始にかけて返事を書いて、一冊の本と一緒に手紙を送る。一冊の本を選ぶ際に、その年、読んだ本を振り返る。今年、読んだ本の冊数。ちょうど40冊(12月9日現在)。今年も読んだ本を振り返り、その中でも特にオススメな本を選んだら5冊になった。

 

 

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫

 

手紙とメールのみで物語が進む。書き方がまず斬新。物語も次が気になってどうしようもなくなる。

 

 

百年後

百年後

 

この1冊で、前野健太さんのファンになった。早く新しい本が出版されないかとチェックしている。

 

 

 

勇者たちへの伝言 いつの日か来た道 (ハルキ文庫)

勇者たちへの伝言 いつの日か来た道 (ハルキ文庫)

 

 今まで読んだ野球小説第1位。

 

 

 

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

 

こういう過去があったことをまずは知ることが大切だと思った。

 

 

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

 

この本を読んで原田マハさんが好きな作家の1人になった。

 

 

今年は、この中から2冊送ろう。