北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

作者買い

相変わらず、いろんな人に、おすすめの映画と漫画を訊いている。

 

この前、訊いた人が、大の漫画好きで、紹介してくれる漫画、紹介してくれる漫画、ことごとく、聞いたことない作品ばかり。

 

その人が第一声で言った言葉が、「作者買いなんです」。

作品も紹介してくれるのだが、この作者がおもしろいんです、と作者で紹介してくれた。

 

そういえば、私も、小説の買い方は、作者買い

好きな作家ができると、全ての作品を読んで行く。

作者買いという言葉を使ったことがなかったが、「大人買い」と同じくらい、素敵な響きだ。

 

 

それで、紹介してくれた作者の一人が、「青野春秋」。

 

 

どこかで訊いたことがあるなあ調べたら、俺はまだ本気出してないだけの著者だった。 

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)

 

好きな作品の一つ。 

 

 特におすすめだと言っていたのが、100万円の女たち。青野春秋さんが、他の著書を描いていること自体、知らなかった。

売れない小説家の一軒家に、5人の女が住み着く話。しかも1ヶ月100万円を払って。

 

TSUTAYAに、もうひと作品があったので、こちらも借りて来た。

 作者借り。この漫画も良い。母、兄弟の貧しい家庭の話。最近、私が気になっていたテーマだったから、特に、一気読みした。

 

 

青野春秋作品。おすすめです。