北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ぴんぞろ

戌井さんのゼンマイを読み終わった後、もっと戌井ワールドに浸っていたくて、ぴんぞろを買った。

 

ぴんぞろ

ぴんぞろ

 

 

このぴんぞろ。読んだはずだけど手元になくて、買ったのか、はたまた図書館で借りたのかわからなくなっていた。いずれにしても手元に置いておきたい一冊なので、買うことにした。

 

帯の「的確な言葉を丁寧に選んで、好きでたまらない人間を真面目に描けば、おのずと場所も物語も付いて来るという小説の当たり前に、久々に出会った気がする」山田詠美さんのコメントが良いなと思いながら表紙を開く。

 

読んですぐに、こんな話だったけ、と次の展開が全然予想できない。いつか思い出すだろうと思いながらページをめくる。主人公が、鄙びた温泉街のヌード劇場の前説をやることになり、こんな設定が惹かれるんだよね、と読み進めるも、結局、内容は思い出せないまま読了。

 

 

本を閉じ、もしかしたら読んでいないかもしれないと思い直す。