凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

自分でコントロールできないものに気を病むのではなく、できることを精一杯やろう

私の書斎には、野球コーナーがあって、野球コーナーの中に松井秀喜の関連本が10冊ある。歴代野球選手の中で一番好きな選手が松井秀喜

 

以前、テレビで見た、松井秀喜を特集している番組で、いろんな人が、松井は、野球、ファン、チームメイトに対して敬意を払っていると語られていた。その言葉を思い出して、どんな心持ちだと可能になるのだろうか?と疑問が湧いた。関わる人に敬意を払うことが大切だということはわかるが、私は、すべての人に敬意を払うことは難しい。合わない人もいるから。

 

あと、最近、思い出しているのは、「自分でコントロールできないものに気を病むのではなく、できることを精一杯やろう」という言葉。お気に入り。

 

不動心 (新潮新書)

不動心 (新潮新書)