凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

レンズ交換が驚異的な安さ

大学生の頃、牛タン屋でアルバイトをしていた。

アルバイトの最初の頃はひたすら皿洗い。たまあに米とぎ。

次の段階に進むと、盛り付けだったり、下準備を任される。

そして、最終的に焼き台の前に立つ。

つまり牛タンを焼くことになる。

炭焼き。花形。

数年の経験の後、私も焼き台の前に立つこととなる。

 

そんなある日、眼鏡が見辛くて、眼鏡屋に行くと、眼鏡の膜が剥がれていると言う。何か熱にあてませんでしたか、と。

牛タン屋の焼き台しかないな、と思った。

その月のバイト代は、ほぼレンズ交換に消えた。

2万円から3万円の間だったと思う。

 

何と、翌月も、眼鏡が見辛くなる。

またもや、膜。熱のせい。

バイト代は、レンズ交換に消える。

 

 

何のためにバイトをしているのか。

 

 

そんな大学生の頃の出来事を思い出した。

 

もう高温の前で仕事はすることがなくなったけど、数十年ぶりに眼鏡が見辛くなった。まさしく膜。

 

今は眼鏡もすごい安く買える時代。

ネットで色々調べて、一番安いであろうJINSへ。

JINSすごい。

何と、レンズの交換が5000円。

ブルーライトカットを追加しても10000円。

 

あの頃の、2ヶ月連続してレンズ交換したあの頃の、私に教えてあげたい。

今はJINSがあるよ、と。