北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

映画を観ながら、こんなに泣いたのは久しぶりだった

久しぶりに泣いた。

風邪気味だったこともあり、鼻を何度となくかみながら、泣きじゃくった。

 

この映画を薦めてくれた一人は、辛すぎて、途中で観るのをやめたと言っていた。

確かに、辛い。辛いけど、私の身にも起こりうる。

いじめ、病気、蒸発、孤独。

なぜ、そこまで重なるのか。

得てして、辛いことは重なる。

なぜ、自分だけと言いたくなるくらいに。

 

映画に登場した、この言葉が好き。

「あの人のためなら、なんでもしたいと思う。そう思うのは、その何倍もしてもらっていると思えるから」

 

以前、自分をなくすと成長する、と言っていた人がいた。

その時は、よくわからないなあ、と思っていたけど、

たぶん、自分が、自分がではなく、相手を思いやる、相手のことを考えることが、成長に繋がると言うことと同義なのではないか。

そんな気がした。

最近、人が動くのは、思いやりなんだとやっと気づいた。

まずは、自分から。

 

今年、観た映画一番かもしれない。

 

f:id:rakuunanzyuku:20171025105355j:plain

湯を沸かすほどの熱い愛。

家族を大切にしようと思わせてくれるそんな映画です。

ぜひ。