凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

課題曲はなんですか

帰宅時間の列車に乗っていると、向かい側の席に中学生2人が座った。

 

1人は席に着いたとほぼ同時にカバンだけ置いて、トイレに向かったのか席を立ち、もう1人のメガネをかけた細身の小柄な青年は、何か考え事をしているのか、自分の世界に入っているようだった。

 

おもむろに、その青年は右手を胸の前で振り出す。

それが指揮者がする指揮だというのは、すぐにわかった。

そうか、学校祭の時期なんだな。ということは、君が指揮者なのか?

何度も最初の方を繰り返しているようだ。1,2,3,4,1,2,3,4。

まさか、その指揮は私に向けられているのか。何度も最初の方を繰り返しているのを見て、そんな気がしてきた。

私は心の中でタイミングを計る。1,2,3,4,1,2,3,4。

 

中学生の時の課題曲、野生の馬を思い浮かべる。

君たちの課題曲はなんなんだい?心の中で、その青年に問いかける。

 

13歳。何年生の時の課題曲かは忘れたが、中学生の時の記憶は、まだまだ鮮明に残っている。そんな昔でもないような気がするんだけどなあ、と、列車を降りながら心の中で呟く。

 

 

北海道は、もはや初冬。