北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

本屋さんに行きたくなる本6冊

我が家の本棚の一角には、本屋の店主が書いた本というカテゴリーがあり、気づけば、結構な冊数になった。

今まで読んだ、本屋の店主が書いた本を振り返ると、かなりの確率でおもしろい本ばかり。

本屋を開業するまでの話だったりするんだけど、本屋をやろうとしている人に限らず、働く人々に、勇気を与えてくれる。

そんな私がおすすめする本屋の店主が書いた本6冊を紹介!

 

 

1.本屋、はじめました

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録

 

この本を読んで、実際にTitleに行きたくなって行きました。読みたい本がたくさんあって困った。

 

www.title-books.com

 

 

2.ローカルブックストアである

ローカルブックストアである: 福岡 ブックスキューブリック

ローカルブックストアである: 福岡 ブックスキューブリック

 

店主の大井さんが、本屋を始めたのが39歳。ほとんど未経験での本屋開業。

 

bookskubrick.jp

 

 

3.ガケ書房の頃

ガケ書房の頃

ガケ書房の頃

 

”お客さんからお金をもらって、店という場を続けていくためには、綱引きが求められる。お客さん側の引き。これは、ニーズだ。そして、店側の引き。これは提案だ。・・・そのパワーバランスが最終的にお客さん側からの店の魅力になり、店主側からは店を経営する醍醐味になるのだと思う。”この本で読んだ、この話。私の中で、大事な言葉になっている。

 

 

4.荒野の古本屋

荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)

荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)

 

 就職しなで生きるにはシリーズは、どれもすごい良い。

 

 

5.ぼくは本屋のおやじさん

ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)
 

こちらも働かないで生きるにはシリーズ。早川義夫さんの本は、どれもおもしろい。

 

 

6.わたしの小さな古本屋

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

 

 女性店主の知識なし、予算なしからの古本屋開業奮闘記。

 

mushi-bunko-diary.seesaa.net