北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

この本は、中学生、高校生にぜひ読んでもらいたい。大学生もだな。いや、大人も。

森達也はいつも、社会という大きな声の圧力を浴びている人の側に立ち、そこにも何か声はなかったかと問いかける。

twitter.com

Twitterで、この言葉を読んでから、森達也さんの本を読んでみたいなあ、と思っていたら、家の本棚にあった。

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

 

よりみちパン!セシリーズが好きで、ブックオフで見つけるたびに買っていた。

著者が誰かを確認しないで。

その中に、森達也さんの本があったというわけ。

 

 

当たり前のようなことが書かれているんだけど、その当たり前のことにも、想像を巡らせていなかった自分がいたことに気づく。

 

よりみちパン!セシリーズは、中学生くらいまでをターゲットに作っていると思うんだけど(定かではない)、この本は、中学生、高校生に、ぜひ読んでもらいたい。大学生もだな。いや大人も。