北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

先月か、テレビのニュースを見ていたら、たまたま河瀨直美監督が、新作映画のインタビューを受けていた。

 

すごいいいインタビューで、映画を観たくなった。

内容を覚えていないのが残念でならない。 

 

f:id:rakuunanzyuku:20170719153931j:plain

 

光って映画。

音声ガイドとして働いている女性と、視力を失ってしまうカメラマンの物語。

 

いろいろ説明して煩わしい、と写真家の男性の言葉が印象的。

この前、友達もそんなことを言っていたっけ。

最近の映画は、登場人物の感情をいろいろ説明して煩わしいと。想像したいのに、と言っていたのを思い出した。

 

音声ガイドは、まるで小説家。