読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

山田哲人からホームランボールを捕っちゃった少年へ

野球好きの友達と電話でキューバ戦の話をした。

 

私は、球場に直接、足を運んだものの、立見席だったため、バッターボックスと柱が重なって、ボールの行方を追うのも一苦労。えっ、今、何が起こった?ということもしばしば。四回の山田の幻のホームランも然り。

 

山田のホームランボールを少年がキャッチしちゃったことをテレビを観て知った。あの場面でホームランになるか、二塁打になるかは、大きな違いで、友達に、あれはいかんよ、という話をした。電話口の友達は、ホームランボールをキャッチした少年が、その後、周りの人に批判され、フードを被ったまま、うつむいて試合を見ていたこと、それを知った山田が、次の日、少年にコメントをしたことを教えてくれた。そのコメントがかっこよくて、家に帰ってからインターネットで調べたら、日刊スポーツに掲載されていることを知った。いてもたってもいられなくて、調べてすぐに、コンビニまで日刊スポーツを買いに行った。

 

それが、この記事。

www.nikkansports.com

 

僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい。これも何かの縁だし、将来プロ野球選手になって、一緒に『あんなことがあったね』と懐かしい話ができるように頑張ってほしい。僕も完璧なホームランを打てるように頑張ります」

 

 

私は、山田哲人のファンになった。