読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

文系野球

baseball book

インターネットで野球に関する記事を読んでいると、”文系野球”という文字が、目に止まった。前後の文章を読むと、どうも本で野球を楽しむことらしい。なかなか良い響きだ。文系野球。

 

その文系野球の聖地が、東京ドームにあるオークスブックセンター東京ドーム店。オークスブックセンター東京ドーム店の前身は、山下書店という本屋さんで、その頃から、村上春樹より原辰徳が、ハリー・ポッターよりも張本勲が売れる本屋なんだって。行ってみたい。

 



この3つの記事は、いずれも村瀬秀信さんというライターさんの記事なんだけど、おもしろいよ。

 

ここ最近の私は、まさしく文系野球。スポーツ紙に、雑誌に、インターネット。野球の記事をかたっぱしから読んでいる。そのきっかけとなったのは、石田雄太さんというライターさんの記事を読んでから。

 このNumberの記事は、本当、おもしろかった。で、ブックオフに行って、石田雄太さんの本を買い集めた。

 

桑田真澄 ピッチャーズバイブル (集英社文庫)

桑田真澄 ピッチャーズバイブル (集英社文庫)

 

 

 

イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること

イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること

 

 

屈辱と歓喜と真実と―“報道されなかった”王ジャパン121日間の裏舞台

屈辱と歓喜と真実と―“報道されなかった”王ジャパン121日間の裏舞台

 

 

3月までの間は、文系野球。