読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

イチロー3000本の軌跡

イチロー3000本の軌跡という録画していたNHKの番組を観た。

 

イチローはこんなことを言っていた。

意図的に内野安打を打っている、と。わざと詰まらせて、打球の勢いを殺し、内野安打を打っている、と。

 

たまげた。

野球をやっていた者にはわかる。その難しさが。

内野安打は、打ち損じて、たまたま飛んだところがよくてヒットになった、ラッキーみたいなヒット、という感じ。

たぶん、考えて打つ時間はないから、イチローは咄嗟に体が反応しているのだろう。

 

以前、イチローがインタビューで言っていた言葉を今でも覚えている。

変化球待ちの直球打ち。

通常、逆。直球を待って変化球を打つ。

速い球に合わせていないと、振り遅れるから。

 

松井秀喜は、ホームランを打つために、意図的にボールの下を叩きバックスピンをかけると言う。

ホームランバッターは、みんなそうしているのだろうか。

私はホームランを打ったことがないから、わからない。

その技術もすごい。

 

ちなみに落合博満は、ティーバッティングで、自分の真上に打つことができるらしい。しかもフルスイングで。何度も。信じられない。

 

そんなエピソードの数々に触れるたびに、プロの凄さを知る。