読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

なんのための仕事?

西村佳哲さんの本が好きだ。
今まで買っていなかった数冊をまとめて買った。

 

 

なんのための仕事?

なんのための仕事?

 

 



この本には、こんなことが書いてあった。


「本人が信じても愛してもいないことに時間や力を注いだところで、その仕事は人を温めない。むしろ冷やすし、さらに言えば人の精神をバラバラにすると思う」


本当、そう思う。


「自分だったら、そのサービスを利用したいか?」


よく自分自身に問う。
自分が提供しているサービスを自分、または自分の家族が利用したい、させたいというものでなければ、誰かの犠牲の上に、私の生活が成り立っているように感じてしまう。
ふと、そのことに気づくと、仕事をしていくことに耐えられなくなっていく。


はたまた、雇われている側は弱い。仕事を辞めることは怖い。
私は、すがるようなことはしないでおこうと言い聞かせている。



自分の心の声に素直に生きるってのは、本当だわ。