北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

うまくいかなかった時に、ああでもない、こうでもない、と考え、工夫することが、人間の深さにつながる。

読書をしている最中に、気に入った言葉に出会ったり、自分の中で、ふと言葉が浮かんだりした時には、携帯電話のメモに打ち込んでおく。
この前、久々に、そのメモを読み返した。
そのひとつが、妙に響いた。

その言葉は、読書をした時に、出会った言葉だったのか、自分が考えた言葉なのかすらも定かではない。
今日、もう一回、その言葉が読みたくなって携帯電話のメモを開いた。


しかし、その言葉がない。
どこにもない。


削除したのか?


いざ、読もうと思った時に、ないと、余計読みたくなって、削除したメモの復元方法をインターネットで調べる。
めんどくさくなってやめた。

夢の中で出会った言葉だったことにしよう。
それのほうがロマンティックだ。


どんな言葉だったかというと、



うまくいかなかった時に、ああでもない、こうでもない、と考え、工夫することが、人間の深さにつながる。




=============================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村