凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

何度も書き直し、丁寧に、本を作ったんだろうなあ、と伝わって来る山形の人たちが書いたガイドブック。

山形ビエンナーレで買った本。



本の挿絵は、この山形ビエンナーレで初めて知り、好きな作家さんの一人になった平澤まりこさん。
文章と写真は、山形に住む地元の方々。
山形の人たちが書いた、山形のガイドブック。
何度も書き直し、丁寧に、本を作ったんだろうなあ、と伝わって来る。そんな本。