凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

グリーンズ


昨日、紹介したリトルプレス「shuku shuku」でも紹介されていたグリーンズ。
グリーンズは、社会や暮らしの問題を楽しく解決するアイディアを紹介しているウェブマガジン。

Web:http://greenz.jp/


そのグリーンズが、出した本。
ソーシャルデザイン−社会をつくるグッドアイデア集。

 

ソーシャルデザイン (アイデアインク)

ソーシャルデザイン (アイデアインク)

 

 

自分が解決したい社会の問題に対して、解決しようと取り組んでいる人達を紹介している本。
社会起業家と呼ぶのかね。


今年の7月。
今、振り返れば、社会起業家を目指している人と会った。
会って、その人のやりたいこと、やろうとしていることを訊いた。

社会の問題を解決したいなんて考えたこともなかったから、こんな人もいるんだなあ、と、新鮮に感じた。
なんか楽しそうでね。


そういう出会いもあり、社会起業家に対して興味の芽が出て、今回、紹介している本を読んだところもある。



「本当に、それやりたいの?」


「それは本当にその地域の人のためになるのか。やりたいことを押しつけていないか」


「アイデアを実行する上で大事なのは、ないものねだりをしないこと」


「好きだった自分ってどんな自分?それをやっている自分って好き?」


「新しいアイデアとは既存のアイデアの新たな組み合わせに過ぎない」


「人間の行動を変えるには、楽しい!と思わせることが大事」



社会の問題を解決していく人たちを紹介している本なんだけど、
仕事とは。そんなことを考える言葉がいくつもあった。
この本もいずれ読もう。

 

日本をソーシャルデザインする (idea ink(アイデアインク))

日本をソーシャルデザインする (idea ink(アイデアインク))