読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

大会No.1走力と大会No.1打力を打ち破る大阪桐蔭の強さ

毎日のように録画した熱闘甲子園を観て過ごす夏も、あと一日で終わる。


大阪代表、大阪桐蔭。さすがだね。王者にふさわしい強さだね。
私が注目していた2チームも大阪桐蔭に阻まれ散っていった。


注目していた2チームとは、健大高崎敦賀気比


大阪桐蔭とベスト8であたった群馬県代表、健大高崎
機動破壊。かっこよかったなあ。好きな高校が、またひとつ加わった。

大阪桐蔭健大高崎の一戦も熱闘甲子園で観たんだけど、大阪桐蔭の強さを垣間見たシーンがあった。
それは、健大高崎に盗塁を決められ、大阪桐蔭のキャッチャーがアップで写された場面。

盗塁を決められたにもかかわらず、キャッチャーは苦笑いしながら、「無理、無理」と口が動いていたんだよね。
もうあそこまで足が速かったら仕方がない。あきらめよう、ってな感じで。
このキャッチャー、全然、心を乱されていない、すごいなって思った。

走るだけなら機動力。
機動破壊の「破壊」は、精神的に破壊する意味が含まれている感じがする。

あれだけ走られると、まずキャッチャーの気持が破壊される。
へこむよ、あそこまで走られると。


大会No.1走力の次は、大会No.1打撃。福井代表、敦賀気比
壮絶なる打ちあい。
初回の5点もなんらあわてない。いつも通り。強い。


大阪桐蔭の強さを散々、書いたけれども、三重高校には、ぜひともがんばってもらいたい。



ベースボールサミット第3回 やっぱり「甲子園」はおもしろい!
リエーター情報なし
カンゼン



==============================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村