凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

No.3


3番のボタンを押し、次に清算ボタンを押す。
駐車料金1000円が表示される。
1000円札を機械に投入し、車に乗車する。
エンジンをかけ発進。





ガガガガガガッ。





何?何?
車の底をこする音がした。
大丈夫か?車は大丈夫なのかああああ!?


車から降りて、番号を確認するが、やはり3番に間違いはない。


よくよく見たら、よくよく駐車場を見たら、
駐車場の料金を支払う機械が2つある。

駐車場と駐車場が隣接している。
まるで1つの駐車場かのように。


さっき支払った3番は、別の駐車場の3番。
俺は、本来支払うべき機械の3番のボタンを押す。
次に清算ボタンを押す。





1000円。





さっきとまったく同じ1000円・・・。




なんだろう。




もう1人の3番が得をすると思うと腹が立ってしかたない・・・。




===============================

こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村