北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

水虫は、「虫」じゃないのに、どうして「虫」とつくのだろう。

恥ずかしながら、




左足の小指が、





水虫になった。





左足の小指から、





左足の薬指へ、





水虫がうつった。




嫁さんは、




水虫がうつるまい、と、




必死で調べた。




今や、水虫のことなら、




たいていのことを知っている。




水虫になっていないのに、




たいていのことを知っている。





===============================

こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村