凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

2013WBC台湾戦。これをドラマティックと呼ぶ


2次ラウンド。台湾戦。

2‐3と1点リードされた9回二死一塁。日本の攻撃。
俺は空港のロビーにいた。
時間が時間だけに空港がまもなく閉まる時間だった。

一塁には鳥谷。打者は2番井端。
アウトになれば試合終了の場面で鳥谷が盗塁。

盗塁にすごい盗塁というのは聞いたことはないが、すごい盗塁だった。
まだ終わらない。まだ終わらない。想いが伝わってきた。

カウント2−2から井端が綺麗なセンター前ヒット。
鳥谷が三塁を回りホームイン。3−3の同点。
空港のロビーで俺は歓声を上げた。

9回二死一塁からの同点。
これをドラマティックと呼ぶ。
野球が好きで良かった。
この場面に間に合って良かった。

2次ラウンドの緊張感は半端ないね。
この緊張感こそ世界と戦うってことなんだろう。


=================================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村