北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

仲間に恥じぬよう

たまあに、社会人なりたての頃の自分が頭の中に登場する。

だめなことばっかりが頭を過ぎるけれど、
一生懸命ではあったな、とも思う。
あれから10年は過ぎた。

その頃に出逢った友達から、昨日、今日と立て続けに連絡が来た。

一人は、今は電話できないとメールを送ってるにもかかわらず、
電話をしてきて、それが何か嬉しくて、ついつい話をし、

もう一人とは、もうどれくらいぶりかも覚えていないくらい久々の電話だった。
その友達は、堂々と胸を張り、電話口でこう言った。


「苦しいかったけれど、仲間に恥じぬよう働いてきた」


そういえば一緒に働いていた頃は、
そう思って働いていたっけな、とその話を聞きながら思い出した。


「じゃ、子どもの世話があるから切るわ」
それはそれはものの5分くらいの電話。

電話を切った後、煙草の煙をゆらゆらさせながら、
もう一度、友達が言った言葉を反芻する。


仲間に恥じぬよう働いてきた。



あいつ、かっこいいじゃねーか。






=================================

こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村